結婚相談所を使うと莫大な料金必要なのに、出会い系サイトは無料で利用できてしまいます。
この辺も、相手探しにはピッタリだという気持ちになっていました。
友達が高年収のパパとセレブ婚することになったんだから、私にもそんなチャンスで巡ってくるような気持ちにもなっていました。
奇麗に撮影できた写メを使って男の人の気を引くと共に、ゆとりを持っている人探しの募集の書き込みもやっていきました。
メールは何通も届いてきます。
やっぱり大人の関係を目的の人もいました。
食事だけでもいいと言う人でも、その価格がとっても安い人もいました。
それなりに高収入な男の人を探したいと思っていた私だから、そういう方とは連絡を取るのは止めます。
こうして2週間が経過した頃に、私が求めるような方からメッセージが飛んできました。
ご飯パパを希望している美容整形医をやっているという男の人、38歳という若さの方でした。
ドクターって聞くだけでもすごくセレブだって感じてしまいますね。
「できれば月に何度かも食事を考えていって、会うたびに支払いをしようと思っているよ」
お金持ちの人に出会っただけでもテンションが上がっちゃって、彼の誘いでとりあえず面接のような形で食事をすることになりました。
その日は気に入って貰えるように、それなりの服装で出かけていきました。
駅前で待ち合わせしてそこから車に乗せられて、少し離れたホテルに連れて行かれました。
そしてそのホテルの中にある、いかにも高級そうなお店に入ってはじめての食事になったのです。

こういう場所で食事をしたのは初めてだったから、高級感に圧倒されてしまいました。
出される料理はどれも美味しく、夢中になって食べ続けてしまっていたかもしれません。
そんな私を嫌がることもなく、笑顔で見ていてくれたパパに感謝してしまいました。